当院は涙道疾患(なみだ目・目やに)の専門クリニックです
皮膚を切らない涙嚢鼻腔吻合術(DCR)
最新の日帰り全身麻酔システムを完備
Previous
Next
  • 022-342-0745

時間帯予約制

午前 8:45~11:30/午後 13:30~17:00
休診日 / 土曜・日曜・祝日
※水曜日は終日手術のため外来は行っておりません。

診療内容

涙道

Lacrimal duct

涙道(なみだの配水管)の専門治療を行っています。

麻酔

Anesthesia

日帰りによる全身麻酔手術が可能です。ほかにも、局所麻酔手術時の不安を和らげる低濃度笑気麻酔ガスも採用しています。

結膜手術

Conjunctival surgery

しろめ(結膜)の病気が、なみだ目の原因となることがあります。

眼科一般

Ophthalmology

白内障や結膜炎など、広く眼科一般の診療にも手厚く対応しております。眼鏡・コンタクト処方も可能です。

当院では涙道専門医による優れた診断・技術をもって、
質の高い治療を提供しております。

眼科の知識のみならず、鼻の中の診察や手術技量までも求められるのが涙道専門医です。特に鼻腔からの手術は狭く、出血しやすい場所であることから施行出来る眼科医は全国でも数える程しかおりません。

1.高画質な涙道内視鏡で行う、最先端の涙道診療

涙道内視鏡で行う涙道診療

当院では超高解像度のハイスペック内視鏡を導入し、より精度の高い診療を提供しております。

涙道は外からは見えません。そのため以前は眼科医からも内部の状況がわからず、手探りでブジーと呼ばれる金属棒を挿入し、盲目的(あてずっぽう)につまりを突き破るしかない時代がありました。

ところが,2000年代に涙道内視鏡の開発により盲目的操作が排除され、治療成績が大幅に改善しました。 涙道のどこがつまっているのか、異物や腫瘍はないのかなどを詳細に観察することで、治療だけでなく診断や術前検査にも応用できるようになりました。 最近では、全国的にも内視鏡を用いずに涙道治療が行われることはほとんどなくなっています。 胃カメラを用いずに消化管の検査をすることがないのと同じことです。 当院では超高解像度のハイスペック内視鏡を導入し、より精度の高い診療を提供しております。

2.顔を切らない!痛くない!日帰り全身麻酔で行う涙嚢鼻腔吻合術(DCR)

涙嚢鼻腔吻合術(DCR)

鼻涙管閉塞に絶大な威力を発揮する、涙嚢鼻腔吻合術(DCR)。当院には無痛かつ日帰りでの手術を可能にする画期的なシステムがあります。

鼻涙管閉塞に絶大な威力を発揮する、涙嚢鼻腔吻合術(DCR)。 涙道手術の中でも患者さんの満足度が非常に高い治療法です。 しかしそのイメージからか、患者さんのみならず眼科医からも敬遠されてきたのも事実です。 当院ではこれらの不安を解決する、最善のシステムを確立しております。

  • 顔に傷が残るのが嫌である
    → 当院では手術は鼻の中から行い皮膚を切開しませんので、傷は残りません。
  • 痛みに対する恐怖感がある
    → 全身麻酔で行います。治療中は意識がなく、痛みや恐怖は全く感じません。
  • 入院を要するのが負担である
    → 日帰り全身麻酔であり、入院の必要がありません。安全にご自宅にお帰り頂けます。

この手術は患者さんだけでなく眼科医までもが過度に恐れるケースがしばしばあります。しかしひとたび耳鼻科医の目線でみてみると、鼻の手術の中ではごくごく単純で小規模なものなのです。後遺症もほとんどない、軽い蓄膿症の手術のようなもの、と捉えてください。必要以上に怖がらず、安心して治療にのぞんでいただければと思います。

3.東北初!眼科クリニックでの低被爆CT

コーンビームCT

~正確な診断と適切な治療のために~
当院では耳鼻科用のコーンビームCTを導入しております。

お知らせ